【福島】穴場スポット「コラッセふくしま」から新幹線を眺めてきた!古関裕而メロディバスも見れました!

旅行

福島駅すぐとなりにある新幹線穴場スポット「コラッセふくしま」から新幹線を眺めてきました。音楽を流しながら走る市内循環バス「メロディバス」も見ることができましたよ~

スポンサーリンク

新幹線穴場スポット!コラッセふくしまへ

ラーメンを食べたあとは福島駅西口にあるコラッセふくしまへ行ってきました。

コラッセふくしま

コラッセふくしまは、福島駅すぐとなりにある物産展や市役所などが入る施設です。実は最高階に展望スペースが入っており、ここから新幹線を眺めることができるのです。

自分は以前行ったことがあるのですが、K氏は行ったことがないとのことなので、行ってみることにしました。

まずは福島駅直結のSPALから東西地下道を通って、福島駅西口へ行きます。

福島駅西口

西口へ出たら右手へ。進んでいくと線路沿いに大きなビルがあります。これがコラッセふくしまです。

コラッセふくしま

てくてく歩いて1分。

コラッセふくしま

エレベーターで最上階へ♪

コラッセふくしま
スポンサーリンク

新幹線もバッチリみえます!

こちらがコラッセふくしまからの眺めです。

コラッセふくしま 展望台からの眺め
コラッセふくしま 展望台からの眺め
コラッセふくしま 展望台からの眺め

ごらんください!なかなかの眺めでしょう?コラッセふくしまには南北両方に展望台が設置されているため、東北新幹線の高架を端から端まで眺めることができます。

雪を巻き上げながら走る新幹線もバッチリ見えちゃいました!

コラッセふくしま展望台から眺めた新幹線
コラッセふくしま展望台から眺めた新幹線
コラッセふくしま展望台から眺めた新幹線

現役鉄道マンのKもニヤニヤ(笑)

コラッセふくしま展望台から眺めた新幹線

「すげー」とK氏。でも「ここは同僚にはぜってー教えられねえ~な(笑)」とのこと。理由は「教えたら絶対連れてこられて、3時間は見続けるから」。K氏もなかなかな鉄道ファンだけど、会社の仲間はさらに上を行っているらしく、さすがについていけないらしい(^^;)

もちろん鉄道だけではなく、福島市内も一望できますよ~

福島市内
福島市内
福島市内
福島市内

ちなみに南北2つの展望台の間には、レストランもあります。

福島市内

方角的に新幹線は見えませんが、たまにはこういうところでランチというのもいいかもしれませんね。

電車も間近で見れる!

コラッセふくしまを後にして、西口付近もウロウロしてみました。

福島市内

振り返るとE721系が鎮座していました!

E721系
E721系

フェンス越しですが、触れられるくらいの距離で車両を眺めることができます。こんなに近くでじっくり見れる機会はあまりないかも。床下もまじまじと見れました。

ちなみにK氏は「(仕事で)いつも見てるからなんとも思わなくなった」そうです。なんかカッコいいな~★

メロディバスも見れた♪

再び東西地下道を通って、東口へ戻ってきました。

福島駅
福島駅

すると、ちょうど見慣れないバスが!

福島 古関裕而 メロディバス

連続テレビ小説「エール」の放送を記念して運行が開始された、福島市内循環バス「メロディバス」です。

福島 古関裕而 メロディバス

なんと正面のスピーカーから古関裕而さん作曲の音楽が流れています。

福島 古関裕而 メロディバス

休日限定のようですが、音楽を流しながら走るバスは全国的にもかなり珍しいでしょうね♪

福島市内

よく見ると至るところに横断幕が。仙台で言うところの土井晩翠のような存在なのでしょう。

今回は乗ることができませんでしたが、資料館もあるそうなので、次に訪れたときに乗ってみようと思います。

古関裕而メロディーバス
発着時や走行中に古関メロディーを楽しめるメロディーバスが運行中です。中心市街地を走り、古関裕而ストリートや古関裕而記念館などを巡るこのバスを、ぜひご利用ください。

帰りは阿武隈急行で!

行きは福島交通のエアロバスでしたが、帰りはK氏の要望をうけて、阿武隈急行で帰ることにしました。豪雨の影響で寸断されていた部分も復旧され、全区間運行が再開された阿武隈急行。ボクは初乗車になるのですが、かなり山奥を走っており楽しめました。

▼つづきはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました