【青森】現存する”40年前の路線バス”に乗ってきた♪たぶん日本最古のいすゞキュービック!

バス撮り

今年から青森県に移住しました。八戸にある「ラピア」というショッピングセンターに行ってみたのですが、ふと窓から外を見ると”すご~く古そうなバス”が。

これはすごそう。とりあえず行ってみよっ!

スポンサーリンク

正体は40年前の路線バスだった!

モクモクと白煙を上げながら、バスプールで待機する路線バス。

なんと今から40年前のバスとなります

レトロなこちらのバス。南部バスが現在も運行を続けている「八戸22か624」。いすゞ自動車の「いすゞキュービック」P-LV314Lというバスです。

いすゞキュービック(1998年式 新常磐交通 いわき22か592)

個性的なデザインのいすゞキュービック。全面がカマボコのように出っ張っているのがチャームポイントです。名探偵コナンに出てくる路線バスも、いすゞキュービックがモデルだったんですよ~

乗ってしまいました(笑)

車内の様子

もちろん床は板張りです(*^^*)

後ろはこんな感じ↓

天井には今では見なくなった換気窓があります

この降車ボタンも当時のやつなんじゃないでしょうか。。まだ使えるのスゴッ!

40年前のバスなのにICカード対応液晶ディスプレイの運賃表って(笑)なんか時空が歪んでる~

スポンサーリンク

乗車~🚌

中心街まで乗車してきました(^^)

床からビヨーンと伸びるロッドシフトをゴキゴキしながら走る40年前のいすゞキュービック。

エンジンは直6の「いすゞ6QA2。排気量11,000cc、220馬力のエンジンです。

発動機を連想させるレトロなエンジン音でしたよ~

キュービックから吐き出される大量の白煙でくもる八戸市街地 いとをかし(笑)

キュービックといえばV8エンジン「いすゞ8PE1」を連想する方も多いと思いますが、V8になるずっと前のやつなんですよね。

こんな古いエンジンを整備できる南部バスのメカニックもすごい(笑)

ホントのところはわからないけど、たぶん路線バスとしては、日本最古のいすゞキュービックなんじゃないでしょうか??

実質的に動態保存されているようですが、これからも末永く活躍を続けていただければと思います。

ボクもどしどし南部バスに乗って、応援していきま~す!(^o^)/


▼関連記事

車齢35年!レトロな丸目ライトのバスを撮ってきた!(茨城交通)

ホテルの予約はこちら!

ホテルをとるなら楽天トラベルがおすすめです!ホテルの予約は下のバナーから♪↓

\楽天ポイントがたまる!ふるさと納税にも対応

スポンサーリンク
バス撮り
スポンサーリンク
takabusをフォローする
読者アンケート
バスにっき
タイトルとURLをコピーしました