【片道900円!1日140本!】仙台~山形の移動に便利な高速バス「仙台-山形線」のご紹介!運賃は?鉄道に比べてどう?

バスネタ

仙台と山形の移動には高速バスがおすすめです!

ラッシュ時にはおよそ5~10分間隔で運行されている高速バス「仙台~山形線」についてご紹介します。

スポンサーリンク

高速バス<仙台~山形線>とは?

高速バス<仙台~山形線>は、東北地方最大の都市「宮城県仙台市」山形県山形市を結ぶ高速バスです。

路線高速バス 仙台~山形線
運行会社宮城交通・山形交通
運行エリア宮城県仙台市 ↔ 山形県山形市
運行間隔ラッシュ:5~10分おき
ほか:10~20分
所要時間1時間10分くらい
運賃片道1,000円(小学生以下 500円)
往復2枚綴り券 1,800円(小学生以下 900円)
支払い方法現金(両替必要)
回数券
交通系ICカード(宮城交通のみ)
ICカード対応△ 一部の便のみ
宮城交通が運行する便のみICカード利用OK
※山形交通が運行する便は使用できない
対応しているICカードはこちら
定期券○ あり(通勤・通学)
予約不要
高速バス <仙台 – 山形>線のプロフィール

運行経路(仙台→山形方面)

県庁市役所前仙台駅前22番広瀬通一番町→(仙台西道路)→(東北道)→(山形道)→山形県庁前南高前山交ビル山形駅前

運行経路(山形→仙台方面):上記の逆

リンクをクリックすると、Googleマップが開きます。

スポンサーリンク

仙台~山形線のおすすめポイント!

高速バス<仙台~山形線>は、仙台と山形の移動に大変おすすめの交通手段となっております。

高速バス<仙台~山形線>のココがポイント!
  • 仙台~山形間を直行!寝過ごす心配なし!
  • 運行本数がめっちゃ多い!ラッシュ帯は5分ごとに発車!
  • フリーWiFi完備!ネット使い放題!
  • 実は鉄道より安定している!?

<ポイントその1>時刻表不要!ラッシュ時は5分ごとに発車!

仙台~山形線はなんといっても運行本数の多さが特徴です。

仙台~山形線の時刻表。目がチカチカするほどの本数があります。

平日の運行本数はなんと1日138本。朝夕の通勤・通学時間帯はおよそ5~10分間隔で運行されています。

もはや時刻表は不要です。バス停にたどりつくと、即座に次のバスが来て、すぐに乗れてしまいます。

この利便性があってか、コロナが流行する前は年間170万人もの利用がありました。現在はコロナの影響で乗客数が減少してしまいましたが、それでもおよそ80万人(2020年度)が利用しているとのことです。とても多くの方に利用されていることがわかります。

山形駅バスプール
山形駅前バスプール

昼の時間帯もおおむね10~20分間隔で発車しており、通勤や通学、仕事での移動に幅広い年齢層から利用されています。

仙台駅前バス停はエデン前にあります。地図はこちら

山形交通の高速バス乗り場
山形駅前からは、バスプール内の高速バス乗り場から乗降可能
山交ビルバスプールの写真
雨の日は山交ビルバスプールから乗るのが便利です。

JR仙山線もありますが、山形まで行く便は1時間に1本しかありません。

バスのほうが圧倒的に便利なんです!

<ポイントその2>運賃も安い!ICカードや回数券を使えばさらにオトク!

高速バス<仙台~山形線>は、運賃の安さ魅力です。

高速バス<仙台~山形線>の運賃表

片道 1,000円

2枚綴り往復券 1,800円 (片道900円)

6枚綴り回数券 5,100円 (1回あたり850円)

仙台↔山形間の運賃 どこで乗っても降りても同じです
※ただし山形市内での乗降は除く

コロナの影響で利用者が半減してしまい、値上げされてしまいましたが、それでも片道わずか1,000円

山形交通のバスの写真

降りるときに購入できる往復券を使えば、実質片道900円で行けてしまいます。6枚回数券や定期券なら1回あたり850円以下で乗車できます。

同じ仙台~山形間をJR仙山線で移動すると、1,170円かかります。

たかが300円の差でも、回数を重ねれば相当な節約になりますよ~♪

さらに、宮城交通が運行する便は、ICカードも使うことができます。全国相互利用に対応しているため、SuicaPASMOといった主要なICカードで運賃を支払うこともできます。

また、仙台ご当地ICカード「icsca」で精算すれば、乗車回数に応じてポイントまで貯まっちゃいます!(2023年3月までの予定)

ICカードは宮城交通のみ対応しています。山形交通が運行する便では、ICカードは使えません。

<ポイントその3>フリーWiFiも完備!車内設備もしっかりしている

仙台~山形線は車内設備もしっかりしています。

リクライニングシートを搭載しているのはもちろん、無料でインターネットに接続できる「フリーWiFi」も導入されています。

実際に使ってみましたが、速度もちゃんと出ていて、YouTubeもストレスなく視聴できました。

通信量も節約しながら、快適に移動できます♪

<ポイントその4>実は鉄道より安定した運行

一般的に鉄道のほうが定時制に優れる印象がありますよね。

でも、仙台-山形間については、バスのほうが遅れや運休が少なく、安心して利用できることが多いです。

実は仙台-山形間を結ぶ在来線「JR仙山線」は、頻繁に運休や遅延が発生します。

この衛星写真を見ていただければお分かりの通り、仙山線はとてつもない山奥を走ります。そのため、悪天候や動物との接触による運休や遅延が他の路線に比べて頻繁に起こってしまうのです。

緑色が仙山線の経路。こんもりした山奥をひたすら走ります。Googleマップより

以前、仙山線をよく使っていた時期がありましたが、本当によく遅れや運休が発生します。

それも突然止まってしまうので、何度か困ったことがあります。

こうしたリスクを避けるため、あえてバスを利用する方もいらっしゃいます。

もちろんバスには渋滞のリスクがあります。ただ、完全に止まってしまうということは稀です。またバスでも遅延証明書は発行できますので、万が一のときでも安心です。

まとめ

以上、高速バス<仙台~山形線>のご紹介でした。

路線高速バス 仙台~山形線
運行会社宮城交通・山形交通
運行エリア宮城県仙台市 ↔ 山形県山形市
運行間隔ラッシュ:5~10分おき
ほか:10~20分
所要時間1時間10分くらい
運賃片道1,000円(小学生以下 500円)
往復2枚綴り券 1,800円(小学生以下 900円)
支払い方法現金(両替必要)
回数券
交通系ICカード(宮城交通のみ)
ICカード対応△ 一部の便のみ
宮城交通が運行する便のみICカード利用OK
※山形交通が運行する便は使用できない
対応しているICカードはこちら
定期券○ あり(通勤・通学)
予約不要
高速バス <仙台 – 山形>線のプロフィール

運賃の安さだけではなく、フリーWiFiなどの設備が充実していることもあり、仙台~山形の代表的な移動手段となっています。

仙台~山形線の時刻表はこちら

仙台から山形、もしくは山形から仙台の移動の際には、ぜひ高速バスを使ってみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました