【2023年版】「楽天シャトルバス」のりばや運賃をまとめ!選手のアナウンスも聞ける♪

バス路線

今年も野球シーズンがやってきました♪

仙台の野球チームといえば楽天ですが、本拠地の楽天モバイルパークと仙台駅はちょっと距離がありますよね。

でも、仙台駅と楽天モバイルパーク(コボスタ)を結ぶ「楽天シャトルバス」を使えば、疲れていても、悪天候でも、ラクラクで球場まで行けちゃいます!

今回はそんな楽天シャトルバスについてまとめました。のりばや運賃などもまとめていますので、楽天の試合を見に行くよーという方はぜひご利用ください♪

スポンサーリンク

楽天シャトルバスとは?

楽天シャトルバスとは、仙台市交通局(仙台市営バス)が運行しているシャトルバスです。

のりばは変更になっています。現在の乗り場はこの記事の後半でご紹介します。(上の写真は以前撮影したもの)

楽天の試合がある際にのみ運行されるバスで、楽天の本拠地「楽天モバイルパーク」(「コボスタ」)と仙台駅を結びます。

スポンサーリンク

運賃は大人100円!SuicaなどICカードにも対応!

運賃は大人100円。小学生以下の小人は50円となります。

ICカードにも対応しています。SuicaやPASMO・イクスカなどの主要ICカードに対応しています。

▼楽天シャトルバスで使えるICカードはこちら(仙台市営バスと同じとなります)

るーぷる仙台・市営バス・宮城交通で使えるICカードは?

なお、現金払いでおつりが生じる場合は両替が必要です。

おつりがある場合は、運賃箱にお金を入れる前に両替(両替機は運賃箱に併設されています)を行う必要があります。ぴったりの運賃を運賃箱に投入するようにしましょう。

楽天シャトルバスは前払い制(乗車のタイミングで払う)となります。

のりばはどこ?

2023年4月現在の乗り場をご紹介します。

仙台駅東口で行われている再開発工事の影響で、乗り場が変更される可能性があります。

行き(仙台駅⇒楽天モバイルパーク)

仙台駅からは東口の臨時バス停から発車します。

上の地図の位置にバス停があります。タクシーのりばの近くにあります。

帰り(楽天モバイルパーク⇒仙台駅)

帰りは楽天モバイルパーク前の専用バス停から乗車できます。

行きで降りたバスの道路向かい側にあります。

運行時間は?最終運行は23:00まで

楽天シャトルバスの運行時間は以下の通りとなります。

行き:試合開始 2時間前 ~ 試合開始 30分後まで

帰り:8回裏開始 ~ 試合終了の45分後まで

なお、試合の延長が生じた場合は23:00発が最終となります。それ以降の運行はありません。

上記の時間帯で約15分おきに発車します。

実際には次々にバスが来ます。混雑時は満員になり次第発車となることが多いようです。

まとめ。楽天選手による肉声アナウンスも。

2023年に運行される楽天シャトルバスについてご紹介しました。

仙台駅から楽天モバイルパークに向かう車内では、選手による肉声アナウンスも聞くことができます。

【楽天シャトルバス】選手の肉声アナウンスも聞けます! | バスにっき

楽天ファンなら楽しめること間違いなし。

ぜひご利用してみては♪

タイトルとURLをコピーしました